読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

おどろくほどかんたんな米国株投資で人生の選択肢を増やす!

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

ETFの信託報酬が発生するタイミング

ETF ETF-株式ETF
スポンサーリンク

ETFの信託報酬をいつ払うのか

 ETFの信託報酬をいつ払うのか、ということに関して「米国株初心者」さんからご質問をいただきました。質問の内容はこちらです。

 

 「昨年から米国株の長期投資を実践している初心者です。いきなりで失礼かと思いますが、ETFの信託報酬について質問したいのでお時間があればよろしくお願いします。

 

 質問したい事は毎月一定額、例えば月に10万程度を積み立てた時に1年後に支払っている総費用はいくらになるのかです。この場合、1か月目(10万円分を保有時)に支払う分と、12か月後(120万円分を保有時)に支払う額は当然変わってくると思うのですが、計算方法がよく分かりません。

 

 調べてみても大体が100万円分保有している時などの支払額で解説しているので、積み立てる場合の実質の負担額がそのまま計算して良いのかが分からないです。経費率が0.1%のETFとして、実際にかかる経費とその計算の仕方を教えていただけますでしょうか?」

 

 ということです。連動する指数が上がり続けると、あまり気にならない信託報酬ですが、実際に私たちユーザーは支払っているのですよね。

ETFの信託報酬の計算の仕方

 結論から言うと、ETFの信託報酬は365日払い続けています。金額は純資産額に対する比率(年率)を日割りにして、基準価格から引いていきます。質問通り、0.1%だとすると、割合にすると0.001になります。

 

 ただ、市場の上下動を考慮し、月々の10万円増加分を考慮して、正確な信託報酬分を割り出すのは骨が折れます。ですので、ここでは基本的な計算式で答えの出る、1年後に120万円まとめて買ったETFに対して発生する信託報酬ということで考えてみたいと思います。

 

 保有額=基準価格として考えて式に当てはめると、

 

120万×0.001=1200円
1200円÷365日=およそ3.28円

 

 120万円で信託報酬が0.1%の商品を買うと、およそ3.28円ほど1日あたりかかるということです。これが、信託報酬0.5%ですと、16.5円です。およそ、というのは、本来は毎日の基準価格から信託報酬を日割りして出すからです。

 

 この場合の仮定は、基準価格が120万円から動かなければ、ということです。実際にはそういうことはあり得ませんから、あくまで目安になります。例えば基準価格が値上がりして150万になれば

 

120万×0.001=1500円

 

 というわけです。

 

 ちなみに1000万円で信託報酬が0.1%の商品だと、およそ1日当たり27.4円の信託報酬です。1年間では1万円です。

 

 投資額が大きくなると信託報酬も大きくなります。バンガードの代表的商品であるVTIは2017年現在で0.05%です。1000万円投資で1年間で5000円の信託報酬です。これが投信などで0.50%の信託報酬になると50000円ですから、無視できない数字になってきます。

 

 投資の最適解に低信託報酬のETFを組み入れるというのは自然な考えと言えるでしょう。

やはりETFの分散効果と低信託報酬は魅力

 信託報酬を払うという現実を見ると、個別株の魅力にも改めて気づかされます。特に、投資額が大きい場合はそうでしょう。

f:id:tapazou:20170111223053p:plain

※画像はNYSEから

 ただ、そうはいっても、私ぐらいの投資額だと米国ETFの信託報酬は気になるレベルではありません。やはりVTI、VYM、VOOといった低信託報酬の商品群は依然としてリスク分散の意味からしても魅力的だと思います。

 

 特に昨年は大きく市場が値上がりしましたから、信託報酬分のマイナスは値上がりによって吹き飛びました。もちろん、市場は上下動がありますので、浮かれることはできませんが、基本的には上がり続けると思われる市場に投資をするのが鉄則ですね。

 

関連記事です。億単位の富裕層は信託報酬対策も熱が入ります。

www.americakabu.com

 バフェット氏が家族に勧めるというS&P500ETFです。

www.americakabu.com

 高配当ETFという選択もあります。

www.americakabu.com