たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

iシェアーズ MSCI エマージング ETF(EEM)はブラックロックの新興国ETF

スポンサーリンク

iシェアーズ MSCI エマージング ETF(EEM)は新興国の株式ETF

 EEMはMSCI エマージング・マーケット・インデックスへの連動を目指したETFです。経費率は0.69%もあります。分配金利回りが2%弱ですから、ちょっと高めの経費だということがより実感されます。

 構成銘柄は844銘柄です。バンガードのVWOが4000銘柄超なのに対し、かなり絞った投資をしていることがわかります。

 

 新興国ETFということだとバンガードのVWOも有名です。EEMは韓国も含むのがVWOとの大きな違いです。VWOも2010年代に入って韓国を除外しているので、EEMも将来的には韓国を外してくる可能性は大です。

 

 総資産額はVWOが5.5兆円ほどなのに対し、2.7兆円ほどです。規模はだいぶ後発のVWOに食われた感があります。信託報酬が4倍以上違いますから、仕方がないのかもしれません。

 

 ただ、証券会社の保有ランキングでみるとまだまだ10位以内に入ってくることも多く、歴史に裏付けされた信頼があることが分かります。

EEMのチャートと分配金

f:id:tapazou:20161124204817p:plain

※以下の画像はすべてブラックロックのページから

 

 緑のチャートがEEMです。青のチャートはMSCI エマージング・マーケット・インデックスを示しています。

 

 この10年でおよそ17%のリターンになっています。分配金込のリターンですからちょっと物足りなく感じるでしょう。

 

 しかし、2003年からの設定来だと285%です。3倍近くということになります。

 

 これはどうしてかというと、2003年に設定されてから2007年の5倍をビークに殆ど取引値が上がっていないことによります。

 

 実際に取引値は2007年に55ドル近辺まで上がってから、現在は35ドルに低迷しています。取引値は分配金込ではありませんので、純粋な取引値だとかなり下落しています。

 

 今を底値と見るか、それともまだまだ先行き不透明と見るかで投資判断が分かれます。

EEMの構成銘柄と構成国

f:id:tapazou:20161124211243p:plain

 殆ど中国企業が占めます。1位の台湾セミコンダクター、2位のテンセントはVWOと同じです。3位のサムスンはEEMならではですね。

 

 アリババ(BABA)、バイドゥ(BIDU)はVWOには今のところランクインしていません。

 

 中国建設銀行、中国工商銀行は中国銀行、中国農業銀行と並んで中国4大商業銀行に数えられます。新興国は金利が比較的高いですから、高収益体質なことが多いです。新興国ETFでは主要な構成銘柄になっています。

 

 南アフリカのNASPERS、シャープを買収したホンハイはこの手のETFにはお馴染みと言っていいでしょう。両方とも優れた経営者と素早く的確な投資、買収戦略でのし上がってきました。

 

 つづいて構成国です。

f:id:tapazou:20161124211859p:plain

 中国、韓国、台湾の順になっています。珍しいところではチリでしょうか。インドネシア、マレーシア、フィリピンは人口増加国で非常に有望視されています。

 

 こちらはバンガードの新興国ETFのVWOの記事です。新興国投資をETFで行うならば、VWOとの比較になってきます。よろしければ合わせてご覧ください。

www.americakabu.com