たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

シスコシステムズ(CSCO)、3.6%の配当を誇るネットワーク機器世界最強企業

スポンサーリンク

シスコシステムズ(CSCO)はナスダック出の高配当企業

 

 シスコシステムズは1984年にレン・ボサック氏によって創業されました。レン・ボサック氏はスタンフォード大学でコンピュータに関する修士号を取り、そのまま母校の情報システムに関わる部署で働いていました。

 

 

 母校の複数の各種コンピュータをネットワークでつなげるプロジェクトがあり、その時に専用ルータを開発します。

 

 その後、自宅ガレージで彼の奥さんと共に複数のプロトコル(ネットワークのルールみたいなもの)を扱うことのできるルータを開発します。

 

 このルータがヒットします。異なるプロトコルのコンピュータ同士を繋げ、情報の統合や共有をしたい企業や大学で需要があったからです。今のLANやインターネットの発想の原点と言って良いでしょう。

 

 その後、1990年に株式公開をし、大企業への一歩を踏み出します。しかし、創業者であるレン・ボサック氏はその妻と共に会社を辞することになります。自分が招き入れた経営陣と合わなかったためです。

 

 レン・ボサック氏退社後も順調に会社は成長し、1998年には史上最速の起業14年で時価総額1000億ドル超えを果たし、2000年にはITバブルで5000億ドルにも達します。これはその当時の世界時価総額ランキングで1位の数字です。

 

 2009年にはインテル、マイクロソフトに次いでナスダック出で3社目にダウ平均株価採用銘柄になり、成長株から成熟株へとなりつつあります。

 

 同時に話題性は落ち着きつつあるものの、ルータやスイッチ、x86ブレードサーバ、ネットワークセキュリティなど祖業を生かした分野で圧倒的な世界的強みを持っています。

f:id:tapazou:20160703202621p:plain

※画像はシスコシステムズのページから

シスコ(CSCO)配当とチャート

f:id:tapazou:20160703202823p:plain

2011年 3月 株価17ドル 配当0.06ドル

2016年 4月 株価27ドル 配当0.26ドル

 

 シスコは近年まで配当を出していませんでした。成長株から成熟株になり、配当を出すようになったのは2011年の3月からです。その後は順調に増配を続け、2016年には0.26ドルの配当を年4回出しています。

シスコ(CSCO)基礎データ

ティッカー:CSCO
本社:アメリカ
来期予想PER:14倍
PBR:2.45倍
ROE:15.4%
ROA:8.2%
EPS:2.03ドル
配当:1.52ドル
上場:NASDAQ(全米証券業協会が開設したベンチャー向け市場)

 

 配当が3.6%あります。シスコは創業40年を超え、配当重視の成熟企業になりました。ITは技術革新の激しい業界ですが、今も変わらずネットワーク機器のリーディングカンパニーとして君臨しています。

 

 今後増配が何年続くのか、配当余力は何パーセントになるのか、注目したいと思います。