たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

CFD取引のメリットデメリット

スポンサーリンク

CFD取引とは何か

 CFD取引というのは、 contract for differenceのことです。差金決済と言われるもので、馴染みのある取引としては外国為替のCFDであるFXがあります。これとは別に、株式指数や個別株もCFDの対象になっています。

CFD取引

 もともとは金融の中心地であるイギリス・ロンドンで1990年代前半に始まり、その後アメリカ、日本と広がりました。アメリカで始まったのが1997年、日本では2005年に株式指数CFD取引が始まったことを考えると、比較的歴史の浅い株式取引の1つだと言えます。

 

 その後はその利便性と投機性が支持を受け、幅広く商品開発されています。投機において、射幸心というのは切っても切れない関係です。

CFD取引で買える商品群

 CFD取引で買える商品はかなり増えています。オーソドックスで比較的取り組みやすいものは以下のようになります。

  • 株価指数CFD(くりっく365、ETFなど)
  • 為替CFD(FX)
  • 商品CFD(金、原油、農作物など)
  • 外国株CFD(米国株、ADR、中国株など)
  • バラエティCFD(VIXやリートなど)

 それぞれ、5倍から20倍程度のレバレッジを利かせることができます。そのため、少ない資金で大きく狙うような投資をするときに適しています。もちろん、その分リスクも大きめです。

 

 信用取引の1つですので、10%から20%ぐらいの証拠金を入れて投資をします。もし、思惑通りに動かない、つまり逆に動けば証拠金は軽く吹き飛ぶことになります。逆に、思惑通りに動けば、投資額の何倍もの金額を利益として手に入れることができます。

 

 日本証券業協会のサイトに分かりやすい図が示されています。これは買いの説明ですが、売りも当然できます。

CFD取引の図

 こうしたことを踏まえてご質問を紹介します。最近、レバレッジを利かせた取引についてのご質問が多いですが、やはり相場環境が良いということですね。

CFD取引は長期順張りならば最強なのでしょうか

いつも楽しく拝読させていただいております。


 また、たぱぞう様のご意見を参考に、実際に楽天全米株式投信やifreeS&P500の積立なども開始したところです。

 

 さて、今回はCFD取引についてのご意見・お考えを教えていただきたくご連絡をさせていただきました。

 

 すでにご存知かもしれませんが、先日、同じくはてなブログ内で次のようなエントリーが話題にあがっていました。そこでは、「ダウ平均に半年間投資して20万円を100万円にした」ということです。

 

 恥ずかしながら、CFD取引についての知識に乏しく、このようなおいしい話がはたしてどれほど実現性・再現性があるものなのか分かりません。

 

 直観的には以下の2つのような推測をしています。

  • レバレッジ分の手数料がバカにならない分、0.1%代のETFと比べて損をするのではないか
  • しかし、(日頃からたぱぞう様のおっしゃる通り、本当にダウが長期で伸び続ける市場ならば)ロスカットにならない限り持ち続けていれば、手数料分以上の収益が見込めるのではないか

 たぱぞう様の上記エントリーやCFD取引についてのご意見、お考えを教えていただけますでしょうか。

CFD取引はチャレンジャーの投資

 CFD投資は信用取引の一種ですから、リスクは高めです。ただただVTIなどの優良ETFをコツコツ積み上げる投資とは違います。値動きを予想し、ボラティリティで利益を上げるという点においてはうねり取りの投資であると言えるでしょう。

 

 私の言うところの「長期で伸び続けるS&P500、米国市場」というのは、少なくとも15年以上、20年30年を視野に入れた投資です。そのため、CFD取引で20年30年寝かせればよいかというとそういうわけではありません。

 

 その間には証拠金の何倍ものボラティリティがあり、一度の暴落があればたちまち吹き飛ぶ、つまりロスカットさせられても不思議ではないのです。CFD取引は、ものによっては期日が無いとはいえ、せいぜい半年から1年ぐらいで確定利益を得るようなケースが殆どです。

 

 オーバーナイト金利を始めとする各種金利や手数料もかかりますから、金利には敏感なほうが良いでしょう。

CFD取引のメリット

 今まで述べたようなリスクがありますが、世の中には広くCFD取引が利用されています。それは、それだけのメリットがあるからです。そのメリットをまとめてみます。

  1. 少ない資金で多くの利益を得るチャンスがある
  2. 売りも買いもできる
  3. 投資の才能があるかないかハッキリする

「少ない資金で多くの利益を得るチャンスがある」

 これは、半年で5倍にした方の例を見るまでもなく、レバレッジが利いていますので通常の積み立てからは考えられないぐらいの利益を得ることができます。しかも、ダウ平均のCFD取引や日経平均のCFD取引であれば、比較的安定的な指数ですからリスクも押さえられます。

 

 通常はロスカットのルールをちゃんとしていれば、証拠金以上の損金も発生しないようにコントロールできます。ただ、あまりにボラティリティが大きい場合、そのスピードが急である場合はその限りではありません。

 

「売りも買いもできる」

 株式や投資信託、ETFというのは通常買いしかできません。いわば一方通行の取引ですが、CFD取引を使った売りも知っておけば、上昇相場も下落相場も利益を得ることができます。ただ、これはそんなに簡単ではありません。しっかりした相場観が必要です。

 

「投資の才能があるかハッキリする」

 CFD取引で大きく儲けられる人は、相場感がしっかりしている、つまり投機的売買に強い可能性があります。これは凡人の投資を超えたレベルでの売買ができる可能性があります。

 

 自分の才能を試すという意味ではハッキリと答えが出るでしょう。

サクソバンク証券

  サクソバンクはこのCFD取引に力を入れている外資の証券会社です。株式指数を始め、6000銘柄を超えるCFD取引商品があります。国内証券でもメジャーな指数はCFD取引ができますが、6000銘柄というのはやはり外資ならではのラインナップと言えます。

CFD取引を活用する時とは

 CFD取引を活用する場面を想定しておくと投資の幅が広がります。

  1. 長期的に安定した相場の時
  2. 逆張り狙いの時

「長期的に安定した相場の時」

 たとえば今年のように長期の右肩上がりの場合は読みやすい相場ですので、エントリーしても面白いでしょう。実際に利益を手にした人もいます。

 

「逆張り狙いの時」

 これは逆説的でボラティリティが大きいので危険です。しかし、ハマれば短期で非常に大きく勝つことができます。非常な度胸が必要であり、大きなリスクがあります。

 

 どのような使い方をするか、それを考えておくと良いですね。かつては信用の売り、買いというのがよく使われる手でしたが、今は商品の幅が広がって投資の多様性が増しています。

 

 私はかつては信用売買はよくやりましたが、今ならばCFD取引などを活用するのでしょう。今でこそやんちゃな投資はしていませんが、やる人の気持ちは分かるような気がします。リスクを取らないと種銭が増えない、そういう時期もありますね。

 

関連記事です。

  オプション取引が権利を買うのに対し、CFD取引はその商品そのものの売買になります。指数売買が可能なのは魅力ですね。

www.americakabu.com

  こういうコツコツ投資とはCFD取引は真逆の発想と言ってよいでしょう。

www.americakabu.com

  日本国債とは商品の質が全く違うので比較対象にはならないですね。世の中には特徴的な投資商品がたくさんあります。

www.americakabu.com