たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

ブラックロック【BLK】は世界最大の資産運用会社

スポンサーリンク

ブラックロック(BLK)は世界最大級の資産運用会社

 ブラックロック社は「iシェアーズ」シリーズのETFなどで有名なアメリカの資産運用会社です。

 

 預かり資産は全世界のGDPの6パーセントに及ぶ4兆7千億ドル、日本円でおよそ500兆円とも言われます。日本の一年間のGDPとほとんど同じ額を運用しています。

 

 ETFなどを通して投資しているため、多くの企業の大株主になっています。その投資対象は全世界です。世界24か国で展開をし、上場ETFも数多くあります。

 

 ニューヨーク証券取引所だけではなく、東証上場のETFも充実のラインナップです。ただ、こちらは流動性に課題があり、ETF本数を精選しつつありますね。いずれにせよ世界最大の資産運用会社という肩書を持つだけあります。

 

 さて、そのブラックロックは1988年にローレンス・D・フィンク氏によって設立されました。もともとは有名な投資運用会社であるブラックストーン社の債券運用部門として設立された形です。ですので、社名もブラックストーン・フィナンシャル・マネジメントでした。

 

 そして、1991年に社名をブラックストーン・フィナンシャル・マネジメントから今のブラックロックに変えます。

 

 その後、PNCに買収されますが1999年に再び独立し、株式を公開します。その後、メットライフ、メリルリンチ、バークレイズといった金融大手の資産運用部門と合併や吸収を経て今に至ります。リーマンショック、金融危機による業界再編にうまく乗った形です。

 

 機会を生かして、設立からおよそ30年で大きく成長しました。パッシブ運用において大きなトップシェアを築き上げており、しかもその業界は完全に寡占になっています。他のアメリカ企業がそうであるように、今後も規模の拡大を目指した経営を続けることでしょう。

f:id:tapazou:20160707224824p:plain

※ブラックロックのホームページから

ブラックロック(BLK)の配当とチャート

f:id:tapazou:20171128213706p:plain

2006年8月 株価130ドル 配当0.42ドル

2016年6月 株価342ドル 配当2.29ドル

2017年8月 株価480ドル 配当2.5ドル

 

 株価も配当もこれ以上ないぐらいに伸びています。成熟株というよりは成長株のような値動きと言って良いでしょう。2016年初頭にチャイナショックのあおりをうけて300ドルを割りました。その後の回復は目覚ましいです。

 

 

 ただ、ブラックロックは金融株特有の値動きをするので、不況には非常に感受性が高いです。比較的荒めの値動きをすることは頭の片隅に置いておかなくてはいけません。

ブラックロック(BLK)の基礎データ

ティッカー:BLK
本社:アメリカ
来期予想PER:21倍
PBR:2.7倍
ROE:11%
ROA:1.4%
EPS:22ドル
配当:10.02ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 NYSEの好調さもあって、過去三年平均の売り上げ成長率はおよそ5%です。営業利益成長率は7.8%です。ベータ値は1.69です。PERは21倍とNYSEの実績平均値をよりも低い数字です。意外かもしれませんが、近年では平均値を上回ることはほとんどありません。ベータ値が示すように、ボラティリティは高めです。

 

 ブラックロックは世界最大の資産運用会社であり、今後も市場の拡大とともに成長を続けることが間違いないからです。資産運用の重要性はこれからも増し続けることでしょう。成長余地は大きいと思います。

ブラックロック【BLK】の配当性向

f:id:tapazou:20171128215240p:plain

 絵にかいたような右肩上がりの配当履歴を示しています。注目されてよいのはリーマンショック時でも微増とはいえ増配を維持しているところです。金融株と目されていますので、景気に対する感受性は高いのです。

 

 しかし、利益構造は強固と言ってよいでしょう。また、増配をしながらも配当性向は50%前後で抑えられており、持続可能な配当であることがうかがえます。 

ブラックロック【BLK】のBPSとEPS

f:id:tapazou:20171128215553p:plain

 BPS=1株資本、EPS=1株利益

 BPS、EPSともにじりじりと値を高めてきています。リーマンショック後に発行済み株式数は1.5倍になりましたが、すぐに償却を再開しています。リーマン前よりはまだ2割ほど多いものの、毎年自社株買いを実施しています。

ブラックロック【BLK】の売り上げと利益

f:id:tapazou:20171128215959p:plain

  世界的なパッシブ運用全盛の中、スケールメリットを生かした経営が行われていることが一目で分かります。売り上げが伸び、高い営業利益率に裏付けられた利益。ワイドモート企業の強みですね。

 

 銀行や保険などと一緒に、ひとくくりに金融株としてしまうのは、ちょっと違うといえるでしょう。それはこの高収益体質を見ても明らかです。4割を超える営業利益率はなかなか達成できる数字ではありません。

ブラックロック【BLK】のキャッシュフロー

f:id:tapazou:20171128220359p:plain

  投資CFが薄く、営業CFとフリーCFが非常に近い値になっています。今後、運用業界における勢力図が大きく塗り替えられることは考えにくいです。

 

 それを考えるとこの寡占的な強みに裏付けられた良好なキャッシュフローも継続されると考えるのが自然でしょう。

 

 株価は常にアナリストの予想を下回る傾向にあります。PERも米国株の平均を大きく上回ることは殆どありません。そういう意味では適正値からあまり外れない良株ということになります。

 

 とはいえ、信用収縮が起きれば当然ながら運用資金の引き上げが予想されることから、ある程度肝の据わった投資が求められる銘柄と言ってよいでしょう。

 

関連記事です。

  ETF運用管理会社のランキングです。世界の資産運用界はブラックロック・バンガード・ステートストリートの3強です。なかでもブラックロックはシェアトップに位置します。看板ETFはS&P500連動のIVVですね。

www.americakabu.com

  ブラックロックの看板ETFであるIVVの記事です。バンガードのVOOと経費率最安レベルで争っています。ステートストリートの看板ETFはSPYであり、世界最大の運用総額を誇ります。バンガードの看板ETFはVTIです。

www.americakabu.com

  米国株投資にはセクターという考え方があります。同業種をカテゴリごとにしたものです。ブラックロックのセクターの考え方を上位3銘柄の紹介とともにまとめた記事がこちらになります。

www.americakabu.com