読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

ブラックロック(BLK)、世界最大の資産運用会社、配当2.7%

スポンサーリンク

ブラックロック(BLK)は世界最大級の資産運用会社

 

 ブラックロック社は「iシェアーズ」シリーズのETFなどで有名なアメリカの資産運用会社です。

 

 預かり資産は全世界のGDPの6パーセントに及ぶ4兆7千億ドル、日本円でおよそ500兆円とも言われます。日本の一年間のGDPとほとんど同じ額を運用しています。

 ETFなどを通して投資しているため、多くの優良企業の大株主になっています。その投資対象は全世界です。世界24か国で展開をし、上場ETFも数多くあります。ニューヨーク証券取引所だけではなく、東証上場のETFも充実のラインナップです。世界最大の資産運用会社という肩書を持つだけあります。

 

 さて、そのブラックロックは1988年にローレンス・D・フィンク氏によって設立されました。もともとはブラックストーン社の債券運用部門として設立された形です。ですので、社名もブラックストーン・フィナンシャル・マネジメントでした。

 

 そして、1991年に社名をブラックストーン・フィナンシャル・マネジメントから今のブラックロックに変えます。

 

 その後、PNCに買収されますが1999年に再び独立し、株式を公開します。その後、メットライフ、メリルリンチ、バークレイズといった金融大手の資産運用部門と合併や吸収を経て今に至ります。リーマンショック、金融危機による業界再編にうまく乗った形です。

 

 機会を生かして、設立からおよそ30年で大きく成長しました。

 

 他のアメリカ企業がそうであるように、今後も規模の拡大を目指した経営を続けることでしょう。

f:id:tapazou:20160707224824p:plain

※ブラックロックのホームページから

ブラックロック(BLK)の配当とチャート

f:id:tapazou:20160707224251p:plain

2006年8月 株価130ドル 配当0.42ドル

2016年6月 株価342ドル 配当2.29ドル

 

 株価も配当もこれ以上ないぐらいに伸びています。成熟株というよりは成長株のような値動きと言って良いでしょう。

 ただし、このところの2年ほどは株価はボックス圏にあります。増配は続けています。

 私はこの素晴らしい長期チャートと配当伸び率に魅力を感じて1年前までブラックロックの株式を持っていました。今は持っていません。しかし、もし300ドルを割ってくるようなことがあれば再び購入を検討したいと思います。

 

 ただ、ブラックロックは金融株の値動きをするので、不況には非常に感受性が高いです。比較的荒めの値動きをすることは頭の片隅に置いておかなくてはいけません。

ブラックロック(BLK)の基礎データ

ティッカー:BLK
本社:アメリカ
来期予想PER:17倍
PBR:1.9倍
ROE:12%
ROA:1.4%
EPS:18.9ドル
配当:9.16ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 NYSEの好調さもあって、過去三年平均の売り上げ成長率はおよそ5%です。営業利益成長率は7.8%です。ベータ値は1.69です。PERは17倍とNYSEの平均値をよりも低い数字です。これは、銀行など金融全体のPERがさえないことが反映されています。

 

 ベータ値が示すように、ボラティリティは高めです。2015年の夏のチャイナショックの時には300ドルを切る場面がありました。その時がまたとない買場だったことになります。

 

 配当はおよそ2.7%です。3%ぐらいになったら再度購入検討したいです。

 

 ブラックロックは世界最大の資産運用会社であり、今後も市場の拡大とともに成長を続けることが間違いないからです。資産運用の重要性はこれからも増し続けることでしょう。成長余地は大きいと思います。