たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

アメリカン・エキスプレス(AXP)はバフェット氏選好のクレジット会社

スポンサーリンク

アメリカン・エキスプレス(AXP)、バフェット氏の中心銘柄の1つ

 クレジットカードで有名なアメリカン・エキスプレス(AXP)です。VISA(V)やマスター(MA)と違うのは、アメリカン・エキスプレス(AXP)の場合は自身が発行体であるということです。また、トラベラーズチェックや旅行代理業、保険業など様々なサービス事業を行っています。

 

 特に有名なのがクレジットカード部門でしょう。

f:id:tapazou:20160926222348p:plain

※アメリカンエクスプレスのページから

 

 VISAやマスターは決済サービス料、つまり手数料ビジネスなのに対し、アメリカン・エキスプレスは発行体そのものなので、利用者の支払が滞った場合に自ら負債を抱えるリスクがあります。そのため、リーマンショックのような世界経済の危機時には株価はかなり下がりました。

 

 リーマンショック直前で60ドルを超えていたのが13ドルまで下がっています。これは、1996年の株価レベルです。

 

 会社創業の歴史は古く、1850年です。ヘンリー・ウェルズ氏によって設立されました。あの、ウェルズファーゴと同じ創業者です。

 

www.americakabu.com

 

 元は荷馬車で宅配荷物を扱う業者でした。1982年に郵便為替をはじめ、1891年にはトラベラーズチェックを世界で2番目に扱います。

 

 そのトラベラーズチェックを使う米国人の海外での生活をサポートするために、19世紀後半からヨーロッパを中心に積極的な海外展開をします。1917年には日本にも事務所を構えています。

 

 アメリカン・エキスプレスという社名はこの当時の事業内容の名残です。

 

 その後、1958年にはアメリカホテル組合が経営していたクレジットカード会社を買収し、現在の業態が整います。

 

 現在、クレジット業界ではダイナースと並ぶ業界トップのブランドイメージを持っています。特にブラックカードと言われる、センチュリオンカードはユーザーを選ぶ最高ランクのカードとして広く認められています。

 

 年収1000万以上、年間利用が300万以上でインビテーションが届き、その年会費は35万円という話です。特に年会費がなかなかお元気な値段ですね。

アメリカン・エキスプレス(AXP)の配当とチャート

f:id:tapazou:20160926213850p:plain

 

2006年 株価56ドル 配当0.15ドル

2016年 株価63ドル 配当0.29ドル

 

 この10年の株価はあまり伸びていません。2014年には95ドル近辺まで上昇しました。コストコとの独占的契約が解除されたのは記憶に新しいところです。そのことから業績が懸念され、株価が下がり始めました。

 

 しかしながら、コストコ時代の顧客の維持は比較的されており、懸念されたほどの顧客流出はおきていません。

 

 とはいえ、引き留めに伴う各種キャンペーンが収益を圧迫しているとも言われ、今後の業績への影響がまだ確定的ではありません。

 

アメリカン・エキスプレス(AXP)の基礎データ

ティッカー:AXP
本社:ニューヨーク
来期予想PER:11倍
PBR:3倍
ROE:24.5%
ROA:3.2%
EPS:5.5ドル
配当:1.28ドル
上場:ニューヨーク証券取引所(NYSE)

 

 割安です。PER11倍というのは、有力アメリカ株では殆ど無くなっています。そういう意味では安値が際立つ数値と言って良いでしょう。配当利回りはおよそ2%です。以前は1%台でしたが、ここのところの株価下落で2%まで上がってきました。

 

 3年平均の売上成長率は1%に届きません。しかし、利益成長率は9%近くあり、収益構造はしっかりしていることを窺わせます。

 

 自分が購入するかと言われれば、判断に迷うところです。ここまで下がると数字的にさらなる株価の低迷は無さそうで、底堅さを感じます。

 

 しかし、前述のコストコとの契約の解除、そして世界経済の不透明さと金融業の経済危機への感受性の高さが購入を躊躇わせます。特にアメリカンエクスプレスの場合は不況になると貸し倒れリスクが常につきまとうのが気になるところです。

 

 バフェット銘柄という心理的な支えは投資への後押しになるかもしれませんが、しばらく様子見でしょうか。