たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

オートマティック・データ・プロセッシング(ADP)は世界最大の給与計算代行会社

スポンサーリンク

オートマティック・データ・プロセッシング(ADP)はADP雇用統計で有名

 

 本ブログは誰もが知っている企業を取り上げることが多いのですが、今回のオートマティック・データ・プロセッシングは少々目立たないかもしれません。しかし、1949年設立の歴史ある企業であり、現在給与計算アウトソーシングで世界一の企業です。

 

 給与計算のみならず、人事や税金、社会保険など企業の総務的な部分をITを活用して請け負っている企業です。

 

 ITアウトソーシングという業種で見るならば、IBMやヒューレットパッカードがあります。、エレクトロニックデータシステムズという会社をヒューレットパッカードは買収し、ITアウトソーシング業界の大手になっています。

 

 また、ADPはS&Pやムーディーズといった格付け機関からAAAの格付けを付与されていた4社のうちの1社でした。しかし、2014年に1部門をスピンオフしたあとはAAになっています。

 

 ちなみに世界展開もしており、その国々はおよそ50か国を数えます。

 

 オートマティック・データ・プロセッシング社は米国の経済統計情報に詳しい人ならば既知の企業でしょう。

 

 米国の雇用統計は景気動向を占う1つの指標として多くの人が気にかけていると思います。雇用統計と言えば米国・労働省の非農業部門雇用者数という公的発表の統計を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

 

 この先行指標として2006年からADP社が出している雇用統計があります。これが、ADP民間雇用者数といわれる雇用統計です。

 

 毎月、労働省発表の統計よりも2日早い第一水曜日に出されます。まれに逆指標になることがありますが、おおむね高い相関を示します。そのため、最も信頼できる先行指標として使われます。

 

 ちなみに同じようにムーディーズも雇用統計を出しています。

 

 ADP社は全米で50万社を超える企業を顧客としています。そして、給与計算を引き受けています。そのため、契約企業の雇用状況が把握できます。それのデータを集め、統計として出しています。

 

 契約企業数が多いため、その数字はかなり信ぴょう性が高いです。

f:id:tapazou:20161004073219p:plain

 ※画像はオートマティック・データ・プロセッシングのページから。

 

オートマティック・データ・プロセッシング(ADP)の配当とチャート

f:id:tapazou:20161004073342p:plain

2006年12月 株価43ドル 配当0.23ドル

2016年9月  株価87ドル 配当0.53ドル

 

 現在の配当利回りは2%半ばです。もともと配当利回りが高いわけではありませんが、2%~3%のレンジで安定した配当利回りを示しています。10年で配当は2倍以上になっています。

 

 この10年間で株価が2倍になっています。2016年半ばに急騰しましたが、値を戻しています。

 

 ここ3年の売上を反映するかのように株価も2014年から進展があまりありません。しかし、2010年から2014年にかけて急成長しました。 

 

オートマティック・データ・プロセッシング(ADP)の基礎データ

ティッカー:ADP
本社:アメリカ・ニュージャージー
来期予想PER:25倍
PBR:1.35倍
ROE:36%
ROA:3.9%
EPS:3.25ドル
配当:2.12ドル
上場:NASDAQ

 

 NASDAQ上場です。上記をみて分かるように、ペイアウトレシオはさほど高くありません。配当余力はあります。しかし、この3年売り上げと営業利益成長率は横ばいです。

 

 業種としてはITに分けられることが多いです。