読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

おどろくほどかんたんな米国株投資で人生の選択肢を増やす!

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

もしNYダウが暴落したら!?その時私たちはどうすればよいのか①

投資のヒント 投資のヒント-米国株
スポンサーリンク

 長期ではNYダウは上がることでしょう。でも、万年強気一辺倒でよいかというと、それも違うと思います。だって、短期的には落ちるときが必ず来ますから。そういう時に自分はどうするのか、決めておくとよいですね。

 

 

暴落時の時のために、そして自分自身のために行動指針を書いておきます。

 

①それでもやっぱり米国株投資

 

 リーマンショックの時はアメリカ発の大暴落でした。当然、アメリカ株は大暴落、米国株投資をしていた人は大打撃を受けました。

 

 でも、他国の市場はそれ以上に下がりました。日本が良い例でしょう。他国株投資はリスクヘッジにはならないのですね。より安全な国や金融商品に資金を引き揚げられてしまうからです。

 

 日本は2000年の金融危機から融資を伸ばしていなかったから、銀行は体力的に余裕である、リーマンショックを乗り越えられるという論調もありました。でも、やっぱり最終的にはダダ下がりでしたね。

 

 その後の民主党政権下での円高日本株安は結果的には買場でしたが、それこそまさにぶれない投資姿勢が求められる局面でした。私が本格的に米国株投資を始めたころでもあります。

 

 危機になればなるほど、資金は覇権国であるアメリカに集まり、その結果回復も一番早いということになります。

 

  下記の本はいかに金融にアップダウンがつきものか知らしめてくれますね。

12大事件でよむ現代金融入門

12大事件でよむ現代金融入門

 

  ぶれない投資姿勢が必要です。

 

②NYダウ暴落時、自分の資産はどこまで下がるのか心構えをしておく。

 

 私は自分の現在の資産は半分ちょっとまで下がるかもしれないと思っています

(ノo`)アチャー

 

 NYダウの2016年の高値が18000$近辺です。もしかしたら、8000ドルぐらいまで下がるかもしれないと心構えはしています。

 

 リーマンショック時やIT危機時がそうだったからです。リーマンの時は14000$の高値から7000$ぐらいまで下がりましたっけ。

f:id:tapazou:20160426223155p:plain

  画像はgoogleファイナンスから。残念なマーキングですみません!

 

 そうなると自分の持ち株も無傷ではないでしょう。特に個別株はガツンと下がるものもあると予想しています。

 

 でも、100年に一度と言われつつも数年で回復していますね。アメリカは国が投資による資産形成を推奨しています。そして基本右肩上がりの成長国です。だから安心して投資できるのです。

 

つづきます。②へ・・・ 

www.americakabu.com