読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

おどろくほどかんたんな米国株投資で人生の選択肢を増やす!

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

日銀追加緩和なし。ドル円は105円へ向かう!?円高局面の米国株投資は果たして…

投資のヒント 投資のヒント-日本株
スポンサーリンク

 日銀の追加緩和はありませんでした。

 111円後半まで進んでいた円安は一気に108円半ばまで円高になりました。

 

 ちなみに20:00現在、108.10円まで進んでいます。

 

 

 急落する日経平均

このところドル円相場と連動する動きを見せていた日経平均。

 

当然これを受けて急落しています。

f:id:tapazou:20160428200605p:plain

 16600円割れをうかがう勢いです。

 

 20:00現在、CME日経平均先物では前日比1160円安、16330円までさらに落ちています。

 

 2015年10月-12月期のGDPが0.3%マイナス、消費者物価指数が前年比0.3%マイナス、とアベノミクスを否定する数字が続いており、今回の日銀金融政策決定会合は注目されていました。

 

苦境に立つ日本企業

 

 日本企業が世界市場の競争の中で利益を出せなくなってきている状況が不況の根本にあります。日銀はETFのドカ買い、国債のドカ買い(財政ファイナンスではない?)など数々の金融政策で日経平均を支えてきましたが、いつまででもできることではありません。

 

 また、アベノミクス初期のように通貨安に誘導しにくい世界情勢になっており、苦しいところです。

 

 私は手元にまとまった日本円ができればいつでもドルに換えてしまうようにしています。ですから、絶好のドル買いチャンスと捉えています。多少の円高は高配当が取り返してくれます。

 

 ただ、同時にNYダウの調整も視野に入れており、株式は購入できていません。

 

 キャッシュが積みあがってきているのが悩ましいところです。