読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

おどろくほどかんたんな米国株投資で人生の選択肢を増やす!

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

GSK(グラクソスミスクライン)、なんと月2度の配当!!

配当-個別株配当
スポンサーリンク

株価ヨコヨコのGSK(グラクソスミスクライン)から配当をいただきました。

不思議なことに、今期は2回も配当がありました。

 

 

1回目がこちら。外国源泉徴収税が0ですね。

f:id:tapazou:20160426122020p:plain

 

2回目がこちら。なぜか外国源泉徴収税10%がかかっています。 

f:id:tapazou:20160426121807p:plain

 GSK(グラクソスミスクライン)は英国株なので、基本は外国源泉徴収税がかかりません。

 

 私の持っているものでは、NGG(ナショナルグリッド),RDSB(ロイヤルダッチシェル)なども英国株です。WBK(ウエストパック)やBHP(BHPビリトン)は豪国株ですが、同じように外国源泉徴収税がかかりません。イギリス連邦だからでしょうか。

 

 さて、今回のGSK(グラクソスミスクライン)の場合、2回目の配当は外国源泉徴収税がかかっていますね。10%ですので、米国株と同じだけかかっています。

 

 ま、配当の谷間である4月。そこで2回合わせて税引およそ400ドルも配当してくれているので良しとしましょう\(^▽^)/。ありがとうGSK(グラクソスミスクライン)

 

 外国株投資は時々こういうよくわからないお小遣いのようなものがあります。年始にもWBK(ウエストパック)からありました。現地にいれば情報も集まるのでしょうが、日本だとほとんど分かりません。

 

 まだまだ米国株投資はマイナー投資であることを実感します。このブログを通して、少しでもお仲間を広げ、情報交換したいです。よろしくお願いします。

 

追記:その後、源泉徴収税の還付がありました。やはり英国株です。