たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

自動車税と固定資産税をクレジットカードで払う方法

スポンサーリンク

自動車税と固定資産税を始め、なんでも生活費をクレジットカードで払う

 水道代、ガス代、電気代などの光熱費をクレジットカードで払うことにしています。たぱぞう家は食費も含めてすべてクレジットカードです。そうすると、一家四人の生活費の支払で1か月20万円ぐらい使います。

 

 100円で1マイル換算できるカードを使っています。マイルは他社ポイントよりも強く、1.5円ぐらいの価値があると私は思っています。

 

 すると、月に2000マイル、年間で25000マイル貯まることになります。国内ならばだいたい往復旅行できることになります。1年半ほど貯めると海外も可能です。航空券に替えなくても、マイルは強いので他のポイントに減価せずに代替できます。

 

 つまり、Tポイントやedyなどの電子マネーに少なくとも等価交換できます。

 

 カード選びの基本は、少なくとも100円1ポイント以上というラインでしょう。

自動車税と固定資産税はクレジットカード払いできる自治体が限られる

 ところが、私の住んでいる自治体では自動車税と固定資産税はカード払いができません。長期優良住宅などの減免を受けてはいるものの、両方合わせて13万円にもなります。これをそのまま払ってしまうのはもったいないと思っていました。

 

 すると、Twitter繋がりで下記の記事が流れてきました。

 

nanacoカードで固定資産税の支払い。シデ家歴代最速30秒で完了しました。 | シデとセルリアンの節約blog

 

 セブンイレブンのナナコにクレジットカードを紐づけし、チャージします。すると、クレジットにポイントが付きます。それで税金を払うということです。いつものマイル換算できるANAアメックスカードはナナコ対応ではないので使えませんでした。

 

 ナナコカードにクレジットチャージができるカード会社は限られるのですね。Yahoo Japanカードかリクルートカードがチャージできるということでしたので、この2つを検討しました。

 

 その結果、リクルートカードはポイントが100円で1.2ポイントということだったので、こちらを選びました。還元率が1.2%というのは今の時代にあってはなかなか優秀です。かつては2%、1.5%というのもありましたが、今は多くありません。

 

 対するYahoo!カードですが、Yahoo!やソフトバンクはYahoo!プレミアム会員費などいつの間にか小銭が抜かれている印象があり、細かく明細を見ておく必要があると思っています。そのためズボラな私には向かないためお付き合いを止めています。

 

 楽天カードは楽天グループそのものにスパムめいたメールの数々の印象がいまだにあります。楽天証券はクオリティが高く、そのようなことがないので今後は関わり方を見直すかもしれません。ともかく、そういう経緯があってアマゾンユーザーになっています。

 

 ソフトバンクグループと楽天グループとはあまりお付き合いをしていないのが今の私の現状です。

  10数年ぶりに上記のクレジットカードを新規で作りました。そのぶん、去年まで住んでいた賃貸住宅の引き落としに使っていたCYBER ESTATE(サイバーエステート)カードを解約しました。

 

 ポイントを使い切っていたので、躊躇なく解約することができました。CYBER ESTATE(サイバーエステート)カードは入居する人は全員持たなくてはいけないカードでしたから、任意で作ったものではありません。

 

 ANAアメックス

 ツタヤTカード

 リクルートカード

 

 今は3枚のカードを持っています。ツタヤTカードも近々解約する予定です。理由はアマゾンプライム全盛で全く利用しなくなったからです。また、Tポイントも悪くはないですが、ANAアメックスやリクルートカードのほうがポイント還元率が高いからです。

 

 海外CDを廉価で借りられなくなるのが残念ですが、厳選して新譜を買ってもよいかと思っています。あまりカードをたくさん持ちたくないのですよね。

 

 これらのカードはまだ節約意識がさほど高くない頃に作ったものです。クレジットカードも様々な条件があり、調べがいがあります。

ナナコカード1枚にクレジットカード1枚を紐付けられる

 今回初めてナナコカードを作りました。ナナコカードは1人で何枚も作ることができます。しかし、紐づけできるクレジットカードは1枚までです。ANAアメックスやツタヤTカードは紐づけできませんでした。

 

 1枚のリクルートJCBカードにつき1枚のナナコカードが使えるということです。ナナコカードは一人で複数枚作れます。しかし、肝心のクレジットとの連携が限定されるので、複数枚つくる意味がないということです。

 

 それからナナコカードにはクレジットカードでできるチャージ金額に上限があります。1回につき、2.9万円までです。トータルでも5万円までしか入金できません。多額の支払をしたい場合には手間がかかる仕組みになっています。

 

 例えば、10万を超えるような金額の決済をするには、何度もチャージして何度も支払いをするという手間があります。しかも、クレジットカードでのチャージは1日3回までというこれまたシビアな制限があります。

 

 それも店舗に出向いて残高証明をかけて初めて3回チャージができるという仕組みになっています。

 

 1日29000円チャージ→支払い

 

 という作業を4・5回繰り返すことになります。この手間ともらえるポイントを考えると割に合わないと思う人もいるでしょう。ただ、個人投資家というのはこういうところにかける情熱を無駄と思わない人が多く、私もそれに属します。

 

 今回は自動車税と固定資産税の支払13万円ですから、合計で5日間かかるわけです。5日間毎日セブンに通います。

 

 投資が好きという人は、こういうコツコツちょっとした節約を好む人が多いように思います。爪で火を灯すような生活と言いますが、こういうケチさは後天的なのか先天的なのか分かりませんが、私は子どものころからそうでした。

 

 ともかく、ナナコカードをつくり、リクルートカードをつくり、いくつかの思い込みと誤解を乗り越えてようやくコツが分かったので、ここでまとめておきたいと思いました。

 

 関連記事です。

家計に関係する記事ということで、旦那のお小遣い問題についての一考察です。

www.americakabu.com

 副業やらなにやらかにやらは、将来のためでありつつ同時に趣味でもあります。

www.americakabu.com

複利は絶大。ならば種銭を最大化すべく節制生活を継続していきます。

www.americakabu.com