たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity

老後資金は元本を取り崩すのではなく、運用益でまかなうのが理想

スポンサーリンク

老後資金にはいくら必要なのか、という問い

 老後資金にはいくら必要なのでしょう。人によっては5000万円、あるいは3000万という話があります。これはもらえる年金や思い描く生活水準によって変わりますので、確定的なことは言えません。もちろん多いに越したことはないでしょう。

 

 老後を迎えるにあたって備えておきたいことがあります。 

  1. 夫婦で基礎年金だけでなく厚生年金がもらえると良い
  2. 終の棲家があるとよい
  3. 運用の知識があるとよい

 以下順番に触れていきます。

共働きによる、年金2馬力化

 共働きができるならば、夫婦で働けば現役時代はもちろん、老後も2人分の年金がもらえるので生活がぐっと楽になります。一方、専業主婦の様々な優遇策である控除などは今後廃止されていくことでしょう。

 

 労働人口の減少に歯止めをかけるべく、女性の社会進出と定年の延長で目先の労働力確保が必要だからです。一億総活躍社会とはそういうことです。活躍し続けるのがしんどいならば、運用の知識をつけて2馬力だけでなく運用益である3馬力を育てていかなくていけません。

 

 もっとも、そういうギリギリな社会というのは私は好みではありませんけどね。無理して頑張らなくてもよい、多くの人が居心地の良い、心穏やかに過ごせる下流社会のほうが好きです。

高齢になればなるほど賃貸住宅を借りにくくなる

 一般的に高齢になればなるほど住宅は借りにくくなっていきます。グーグルで

 

 「高齢者 賃貸住宅 かりる」

 

 と入れようとすると予測検索で

 

 「借りにくい 借りられない」

 

 と出てきます。実際に借りにくいのです。これは特に独居老人に顕著です。これはなぜかというと孤独死リスクを大家が恐れるためです。また、認知症などの病気になれば、大家も無関係ではいられません。

 

 世知辛いようですが、もし部屋で孤独死するようなことになれば部屋の価値は風評などによって価値が下がることは必至です。だから、大家側からすれば避けたいと思います。資産運用というのはリスクヘッジが第一だからです。

 

 何らかの社会的なつながりを持ち、支え合う関係づくりをしておきたいものです。それは家族かもしれませんし、地域コミュニティかもしれません。いずれにせよ、全く関わりを絶ち、仙人のように暮らすのはリスクが大きすぎます。

資産運用の知識があることでよりよく生きられる

キャピタルゲインは無理。

 元本を取り崩して生きるならば、より多くの貯金に励まなくてはいけません。しかし、運用益という発想があるならば額はもう少し少なくて済みます。ただし、キャピタルゲインは計算しにくいものなので、キャピタルゲインで生きていくという発想は普通の人は避けるべきです。

 

 特に危ないのが定年して退職金をいきなりデイトレードやFXのような投機性の高いものに突っ込むパターンです。現役時代に実績を積み重ねているならまだしも、いきなりプロの世界でやっていくのは無理です。

 

 退職金というまとまった金額を持っている分、それこそ鴨葱となり、下手すれば根こそぎ持っていかれることでしょう。そもそも定年後にデイトレで成功するような才能の人はもっと早くに何かで大きく成功しています。

インカムゲインが老後を豊かにする

 キャピタルゲインと違い、インカムゲインは計算ができます。税引後の手取りを計算し、年金と合わせて収入とします。日々の生活費が支出となります。

 

 これこそ才能が無くても計算できる資産運用方法です。なぜなら、ネット上や書籍で多くのポートフォリオが晒されており、知識が無くても容易にまねできるからです。長期投資だからできることです。

 

 短期投資は情報が逐一更新されますから、追いきれません。そしてその情報を欲して、メルマガを購入したり、○○塾に入会するのですが、結末は見えています。

 

 収入ー支出がマイナスにならないように計算すれば、どの程度のインカムゲインが必要になるのか分かります。それが、老後までに貯蓄すべき額ということになります。例えば税引3%で運用するならば、1億あれば300万円のインカムゲインになります。300万+老齢年金=収入となります。

 

 元本を取り崩すのではなく、元本が毀損しないように運用していくのです。つまり、自分1馬力、伴侶2馬力、資産3馬力としてお金に働かせるわけです。貯金を取り崩すだけの生活だと日々貯金が減っていく生活におびえることになりますが、貯金を元手に運用していく生活ならばその恐怖とは無縁です。

 

 米国株ならば、長年にわたって増配している銘柄がたくさんあります。40年前に配当3%だったものが増配を続けて気が付いたら元本と比べて100%近い配当を毎年受け取れているような銘柄もあります。

f:id:tapazou:20160825083206p:plain

 個別株投資に自信がないならばETFを活用する手もあります。画像はバンガードジャパンのページから。

 

 老後まで時間がある人は、「時間に投資する」ということが可能ですから長期投資を視野に老後資金を運用し、知識と経験を蓄積していくことをおすすめします。貯蓄から投資の流れはすでに日本でも始まっています。今後もその流れは変わることはないでしょう。すでにNISAや確定拠出年金など政策の後押しも続々出てきています。

 

 しかし、投資先を吟味することです。投資銘柄よりも大事なのが投資先の国です。その最有力が米国であることは言うまでもありません。

 

関連記事です。運用益と言っても持株会は一般的にハイリスクです。

www.americakabu.com

 人口と経済は密接です。どの国に投資すべきかという視点になります。

www.americakabu.com

 こう考えると、投資が途端に簡単に思えます。

www.americakabu.com