たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

米国株式貸株サービス、カストックの実際

スポンサーリンク

米国貸株サービスの愛称が「カストック」に決まった

 そういえばSBI証券さんが米国貸株サービスの愛称募集をしていました。私もちょこっと考えたのですが、なかなかアイデアが浮かびませんでした。そうこうするうちに、愛称が決まりました。

f:id:tapazou:20170104210320p:plain

※以下、画像は全てSBI証券から

 

 いいですね、カストック。そもそも愛称が必要なのかどうかというのはともかく、なんだかNASDAQのようです。確定拠出年金のiDeCo(イデコ)もそうですが、こういうネーミングを考えられる人を私は尊敬します。

貸株金利が落ち着いてきた。ほとんどの株式は0.01%

 貸株金利の一覧をSBI証券さんが出されています。

貸株金利(年率) 銘柄数
2.00% 8
1.00% 11
0.50% 11
0.30% 4
0.10% 36
0.05% 42
0.01% 1238

※2017年1月現在

 

 今は比較的相場も落ち着いており、ゆるやかな上昇ムードなためでしょうか。貸株金利の殆どは最低ラインの0.01%です。私の持ち株でいうと、豪国株のウエストパックバンキングが12月0.1%、1月0.05%なのが目立つほかは、殆ど0.01%です。

f:id:tapazou:20170104211723p:plain

 1年間でイメージすると、このようになります。ただ、前述のようにほとんどの株式は0.01%ですから、このままの相場環境ならば1万ドルで年間1ドル程度ってことですかね。50万ドルあれば、50ドルということです。

 

 実際には相場はもっと荒れましたし、金利も高かったですから、もっともらえました。

米国貸株サービス「カストック」の特徴

 特徴は以下の4つになります。

f:id:tapazou:20170104214101p:plain

 今のところSBI証券だけが行っているサービスというのが最大のウリになっています。配当金と分配金に関しては、懸念していたような雑所得になる振込ではなく、配当金・分配金のまま振り込まれるのもあれば、下の関連記事のように雑所得になる振込もあります

 

 私の持ち株ではVTとVYMが雑所得になる振込ですので、さっそくカストックからは外しました。

米国貸株サービス、カストックから実際に受け取った金利

 私の持ち株でいうと、このようになっています。

銘柄 保有株数
(売却中)
貸株残高
(未受渡)
登録情報
(貸出設定振替日)
金利
(基準日)
ブリティッシュ アメリカン タバコ ADR
BTI NYSE MKT
100 100 全部貸出 0.01%
(01/11)
ドミニオン リソーシズ
D NYSE
100 100 全部貸出 0.01%
(01/11)
グラクソ スミスクライン ADR
GSK NYSE
430 430 全部貸出 0.01%
(01/11)
iシェアーズ 米国不動産 ETF
IYR NYSEArca
300 300 全部貸出 0.01%
(01/11)
ジョンソン & ジョンソン
JNJ NYSE
400 400 全部貸出 0.01%
(01/11)
ナショナル グリッド ADR
NGG NYSE
500 500 全部貸出 0.01%
(01/11)
ペプシコ
PEP NYSE
100 100 全部貸出 0.01%
(01/11)
iシェアーズ 米国優先株式 ETF
PFF NYSEArca
1,800 1,800 全部貸出 0.01%
(01/11)
プロクター & ギャンブル
PG NYSE
280 280 全部貸出 0.01%
(01/11)
フィリップ モリス インターナショナル
PM NYSE
500 0 全部貸出 -
(--/--)
ロイヤル ダッチ シェル ADR B
RDSB NYSE
130 0 全部貸出 -
(--/--)
サザン
SO NYSE
500 500 全部貸出 0.01%
(01/11)
AT&T
T NYSE
600 600 全部貸出 0.01%
(01/11)
バンガード トータル ワールド ストックETF
VT NYSEArca
200 200 全部貸出 0.01%
(01/11)
バンガード トータルストックマーケットETF
VTI NYSEArca
100 100 全部貸出 0.01%
(01/11)
バンガード 米国高配当株式ETF
VYM NYSEArca
300 300 全部貸出 0.01%
(01/11)
ベライゾン コミュニケーションズ
VZ NYSE
400 400 全部貸出 0.01%
(01/11)
ウエストパック バンキング ADR
WBK NYSE
800 800 全部貸出 0.50%
(01/11)

 フィリップモリス(PM)とロイヤルダッチシェル(RDSB)は金利がついていません。そのため、概算ですが40万ドル程度の貸し出しとなっています。今までの入金額はこのようになっています。

 

 12月 31ドル

 11月 54ドル

 10月  7ドル(期間が短いため?)

 

 微妙と言えば微妙なのですが、仮に100万ドルの「億り人」になっていれば、2.5倍ですから、毎月100ドル程度の金利収入が得られることになります。やはりここでもスケールメリットがものをいいますね。金利の世界は常にそうです。

 

 まだまだ平均を出すには早いのですが、今後も注視していきます。

 

関連記事です。今後も継続して貸株金利については記事化していきます。額は小さいですが、一般化していないサービスですし、まだまだ利用者が少ないと思うからです。また、安定的に得られる不労所得は貴重です。

 

www.americakabu.com

 

www.americakabu.com

www.americakabu.com

www.americakabu.com