たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity

米国株セクターETFとブラックロックの考え方

スポンサーリンク

13セクターの米国株ETFを設定しているブラックロック・iシェアーズ

 バンガードのセクターETFは10セクターありました。これに対して今回ご紹介するブラックロックは13セクターあります。ただ、13セクターと言ってもそのうち3つはセクターというよりは「テーマETF」に近いものです。

 

 そういう意味では純粋なセクターETFは、バンガードと同じ10セクターに分けられていると言えそうです。

米国株セクターETF一覧~ブラックロック・iシェアーズ~

  ティッカー 正式名称
1 IXN iシェアーズ グローバル・テクノロジー ETF
2 IXJ iシェアーズ グローバル・ヘルスケア ETF
3 RXI iシェアーズ グローバル・一般消費財 ETF
4 JXI iシェアーズ グローバル・公益事業 ETF
5 KXI iシェアーズ グローバル・生活必需品 ETF
6 MXI iシェアーズ グローバル・素材 ETF
7 EXI iシェアーズ グローバル・資本財 ETF
8 IXG iシェアーズ グローバル・金融 ETF
9 IXP iシェアーズ グローバル・電気通信 ETF
10 IXC iシェアーズ グローバル・エネルギー ETF
11 IGF iシェアーズ グローバル・インフラ ETF
12 ICLN iシェアーズ グローバル・クリーンエネルギー ETF
13 WOOD iシェアーズ グローバル・ティンバー&フォレストリー ETF

 ブラックロックのセクター別ETFはこのようなラインナップになっています。このうち、下3つのインフラETF・クリーンエネルギー ETF・ティンバー&フォレストリー ETFはテーマETFと言うべきものでしょうか。

f:id:tapazou:20170423114025p:plain

 組み入れ銘柄も多国籍に活動する企業というよりは、そのテーマにそった企業活動をしているものが選ばれています。そのためここでは、この3つのETFは除外して話を進めていきます。

ブラックロック・iシェアーズ・セクターETFの組み入れ上位3社

    組入れ1位 組入れ2位 組入れ3位
1 IXN Apple(AAPL) Microsoft(MSFT) Alphabet(GOOGL)
2 IXJ Johnson & Johnson(JNJ) Pfizer(PFE) NOVARTIS(NOVN)
3 RXI Amazon(AMZN) Home Depot(HD) Comcast(CMCSA)
4 JXI NextEra(NEE) Duke(DUK) NATIONAL GRID(NGG)
5 KXI NESTLE(NESN) Procter & Gamble(PG) PHILIP MORRIS(PM)
6 MXI BASF(BAS) Dow Chemical(DOW) du Pont(DD)
7 EXI General Electric(GE) 3M(MMM) SIEMENS(SIE)
8 IXG BERKSHIRE(BRKB) JPMorgan(JPM) Wells Fargo(WFC)
9 IXP AT&T(T) Verizon(VZ) VODAFONE(VOD)
10 IXC Exxon Mobil(XOM) Chevron(CVX) TOTAL(FP)

 

 まず、ここで押さえておきたいことは、ブラックロック・iシェアーズは対象が「グローバル」であることです。そのため、欧州企業が上位にランクインしています。ピックアップしてみます。

  • ヘルスケアETFのノバルティス(スイス)
  • 公益ETFのナショナルグリッド(イギリス)
  • 生活必需品ETFのNestle(スイス)
  • 素材ETFのBASF(ドイツ)
  • 電気通信ETFのVodafone(イギリス)
  • エネルギーETFのTotal(フランス)

 これらが目につきます。そのほか、大文字で表記されているものはバンガードのセクターETFのトップ3に入っておらず、ブラックロック・iシェアーズのセクターETFでトップ3に入ってきているものです。

 

 両社ともに組入れ上位トップ10まで広げると、このトップ3に入っているものはほとんど重複することになります。上位企業はそれだけ業界におけるシェア、地位が高いことを裏付けるものと言えます。

ブラックロック・iシェアーズ・米国株セクターETFの資産総額・経費率

    ETF純資産総額 経費率
1 IXN $1,058,664,402 0.47%
2 IXJ $1,469,439,501 0.47%
3 RXI $232,311,011 0.47%
4 JXI $136,568,101 0.47%
5 KXI $611,967,298 0.47%
6 MXI $252,190,902 0.47%
7 EXI $210,049,785 0.47%
8 IXG $379,944,360 0.47%
9 IXP $301,652,241 0.47%
10 IXC $905,909,007 0.47%

  ブラックロック・iシェアーズシリーズのセクターETFは経費率0.47%で統一されています。バンガードの0.10%と比べると経費率が高くなっています。

 

 買いにくい欧州系の企業株が間接的に買える良さと、比較的高い経費率を比較してどう考えるかというところです。

 

 テクノロジーETF(IXN)とヘルスケアETF(IXJ)が高い資産総額であるのはバンガードと共通します。

 

 セクターETFの銘柄には当然入れ替えがあります。今後の入れ替えや資産総額の増減で業界地図が分かります。今後も継続してみていきたいところです。

 

関連記事です。全ジャンルETFの運用総額ランキングです。SPYなどS&P500ETFの強さが際立ちます。

www.americakabu.com

 世界の時価総額ランキングです。セクターETFで上位に入っている企業の殆どを確認することができます。

www.americakabu.com

 バンガードのセクターETFはこちらです。

www.americakabu.com