たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity

奨学金返済で結婚資金のすべてを失った話

スポンサーリンク

職場の後輩が結婚をする

 職場の後輩が結婚を控えています。昨年まで一緒の部署だった後輩で、29歳のやる気あふれる美人女性です。毎日バリバリ働いています。素晴らしいことですね。同じ部署だった時から、ちょこちょことお金の相談に乗ることがありました。

 

 その後輩が、夏休み明けの私に「聞いてほしいことがあります。」ということで真剣なまなざしを向けてきました。思った以上に話が盛り上がり、考えさせられましたのでここで記事にしたいと思います。

奨学金の返済を第一に考えた

 まず、結婚するにあたり自分の奨学金をどうにかしようと考えました。国立大出身ですので学費は私立大学ほどではありません。しかし、一人暮らしだったので、その間の出費が大きくならざるをえませんでした。

 

 そのため、30歳目前の時点で数百万の残債がありました。社会人になってからの生活も1人暮らしだったわけですが、貯金に励み数百万を貯めることができました。

 

 しかし、借金した状態で結婚したくないので、思い切ってその貯金を取り崩し、全額残債一括返済をしたそうです。思わず、「奨学金金利って0.5%ぐらいだから、取っておいて運用しても良かったんじゃない?」と言いかけました。

 

 しかし、結婚するにあたって借金ゼロでお嫁さんになりたいというのは、非常に殊勝で、良い判断だと思いなおしました。済んだことをアレコレ言ってもしょうがないですしね。

 

 奨学金返済に関しては、結婚するということで親に協力を申し込んだそうです。しかし、「自分の大学学費なんだから、最後まで支払いなさい」というご指導を受け、状況を変えることはできなかったそうです。

 

 今は大学の数が増えすぎ、本当に助成しなくてはいけない大学への助成も満足にできないような状況ですから、難しいですね。しかも、新規学生を獲得するために無駄な施設リニューアルや学部増設がいまだに続いています。

 

 常に斬新で、規模の拡大を目指さなくては成り立たない大学経営はいつか破たんするのではないでしょうか。人口拡大期におけるビジネスモデルだからです。

 

 そのあおりを若い人たちが受けているということですね。いや、いずれ大学学費を払う親もそうです。一部の大学は進学に対する見返り、つまり自分の価値を高めて職業選びへ繋げるということができなくなっています。

 

 それは私立大学の文系において顕著で、将来を見通した進学戦略が大事な時代になっていると言えるでしょう。まあ、話を戻しましょう。

結婚資金が無くなったのは僥倖かもしれない

 結局、結婚資金と思っていたお金がスッカラカンになり、落ち込んでいました。「一生に一度の結婚式のお金も無いなんて・・・」というわけです。

 

 「だから、たぱぞうさん、お金貸してください。」という話ではないです。

f:id:tapazou:20170822104019p:plain

 ここで、私が最初に話をしたのは、これは意外に僥倖かもしれないということです。というのも、日本の一部のブライダルビジネスはバレンタインデーやクリスマス、はたまた恵方巻のように、完全に根拠なき熱狂になっています。

 

 つまり、「一生に一度」といううたい文句で、やれ机上の花が数万、やれこの演出が数万、と際限なくお金が乗ってきます。これは完全に私たち日本人の「みんながやるからやる」という性格を見抜いた戦略です。

 

 ブライダルビジネスが今以上に羽振りが良かったころの、新興ブライダルビジネス企業の社長の派手な暮らしぶりを考えるとわかります。実にうまいことできているのです。乗せる側というのは常にしたたかなのです。

 

 ですから、この流れに乗らず、感じの良いレストランなどで親族だけでやる、そういう縮小させたお披露目会のようなものを視野に入れるようになったことは、逆に良いことだと言いました。

 

 最初の金銭感覚をすり合わせることが大事で、結婚したからと言っていきなり家や車、結婚式全てに全力投球するのは違うということです。

 

 私の知人は式を知り合いの神社で済ませ、食事会をちょっとしたレストランで行いました。トータル30万、親族からのお祝いで十分まかなえました。それどころか、余ったお祝い金で中古車を買ったということです。

 

 縮小経済を生きるというのはこういうことだと思います。

 

 この後に資産運用の話になるのですが、字数が長くなりすぎますので、それはまた後日にしたいと思います。

 

関連記事です

 世帯当たりの平均貯蓄額というのはどの統計でも50代以上が平均を押し上げており、若年層は給与が少なく、中年層は住宅や車のローンで借入が多いです。そして、今の若い層が50代以上になったとき、今の上の世代のような経済状況は維持できていないと思われます。

 

 世代間の富の移転ということを意識したい、そんな時代になりつつあります。ただし、上の世代は自分たちの成功体験が鮮明にありますから、若い世代も頑張って自立すべきと考えている人が多そうです。時代と世界の環境が変わりましたね。

www.americakabu.com

  長者番付に乗るような人の結婚式に憧れるのはよいですが、追従しようとするといろいろ生活に支障が出ます。少欲知足という言葉が私は好きで、とにかく欲をコントロールすることが人生をコントロールすることに繋がると思っています。

www.americakabu.com

  投資本を読んで投資を知り、節約をするというのが私たち庶民の資産形成術だと思います。大きく狙ってリスクをとるか、小さく着実に積み上げるか。個人個人の資質と能力によります。ただし、年を取るとリスクは取りにくくなりますね。

www.americakabu.com