たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

千年投資の公理ー売られ過ぎの優良企業を買う

スポンサーリンク

千年投資の公理は永遠不滅のバフェット流を教えてくれる

 ウォーレン・バフェット氏の投資を理解するうえで欠かせない「経済的な堀」、つまりエコノミックモートについて詳述している本です。私たち長期投資を目指す個人投資家にとって、知っておくべき経済的な堀ですが、この本を読むことで視点が磨かれます。

 

 「本書を読めば経済的な濠を測定する専門家になることができる」と文中で豪語されています。将来の優れた企業を格安で買えたり、堀が無いのに永続的な強みがあるように見える企業を見分けることができる、その第一歩というわけですね。

千年投資の公理でいうところの経済的な堀の考え方

 まず、経済的な濠ですが、本書「千年投資の公理」では以下の4つであるとしています。

  1. 無形資産
  2. 顧客の乗り換えコスト
  3. ネットワーク効果
  4. コストの優位性

 順を追って紹介します。

無形資産とは

  ここでいう無形資産とはブランドや特許、行政認可のことです。

 

 例で示されているのはティファニーです。青いオシャレな箱に入ったシルバーにたちまち付加価値がつく、つまり利益率が高くなるということをブランドの一例として取り上げています。

 

 クルマで言うならばベンツ、アスピリンで言うならばバイエルなど多くのブランド例が出ています。行政認可では債券の格付け期間として指定を受けているムーディーズの高い利益率が経済的な堀の好例とされています。

顧客の乗り換えコストとは

  これは分かりやすい例として銀行口座が挙げられています。給与振込口座に伴う引き落とし口座は変更に手間がかかることから、一度口座を指定してしまえば長期にわたって使われ続けるということです。

 

 プレシジョンキャストパーツはジェット機のエンジンや発電機のタービンに使われる高性能金属の製造を請け負っています。取引先はGEなどですが、技術の集積を考えると乗り換えに関わるコストとリスクは小さくなく、好例として紹介されています。

 

 乗り換えコストとは、

  • 顧客の事業に密接に関わり
  • 金銭的な面がかかり
  • 再訓練の必要がある

 ということです。

ネットワーク効果とは

  多くの友人を持つ人が多くのコネクションを持つように、企業活動もネットワークを持つことが強みであるということです。

 

 例えばマイクロソフトは多くの会社にウインドウズといったOSや、ワード、エクセルといったビジネスソフトを提供しています。マイクロソフトよりも安く、遜色ないソフトがあるにはあります。しかし、ビジネス界において殆ど共通言語化しているために、容易に乗り換えられません。

 

 ビザ、マスター、アメックスといった寡占状態のカード会社も、利用加盟店という強力なネットワークを持つために、ワイドモートであると考えられます。

 

 このように、ユーザーの数が増えて製品やサービスの価値が向上すると、ネットワーク効果が生まれるということです。クレジットカード、一部の金融取引所が好例として取り上げられています。

コストの優位性とは

 これは端的に言うと、安い商品は強いということです。安い製造過程、有利な場所、独自の資産、規模の大きさという要因があります。

 

 「小さな池の大きな魚でいるほうが、大きな池の小さな魚よりずっとよい。大事なのは魚の絶対的な大きさではなく、魚と池の大きさの比率」であるということです。

 

 エクソンモービルの規模による川上から川下分野での競争力、コカコーラ・ペプシコ・ディアジオ・食品販社のシスコなどに見られる大規模な配送システムを例にしています。

侵食される堀とは

 堀は長期的で、広ければよいですが、侵食されて競争力を失うこともあります。例えば、イーストマンコダックの写真フィルムはデジカメ全盛によって激減しました。さらには、そのデジカメもスマホによってその座を奪われています。

 

 また、テレビや新聞の広告料はすさまじい勢いでインターネット広告に侵食されています。テレビ・新聞は参入障壁の高い業界でしたが、数年後には広告料のシェアはインターネットが1位になるのではないかと言われています。

 

 特に新聞・雑誌の速報性はすっかり失われており、記事の質が改めて問われる時代になっています。しかし、どんなに付加価値に気を配っても、広告料の減少に歯止めはかからないと思ったほうが良いでしょう。

 

 もろもろ考えると、永続的な経済的な堀はどの業界でもほとんど存在しえないことが分かります。そういう意味では、コカ・コーラが今までに成し遂げてきたことの凄みが伝わってきます。

 

 もちろん、これからは分かりません。また、時代の流れは加速度的です。つまり、経済的な堀の寿命も短くなることは必然と言って良いと思います。とはいえ、本書で触れる経済的な堀の概念は揺らぐことなく存在し続けることでしょう。

 

 なお、著者のパット・ドーシー氏は1963年生まれ、元モーニングスターのディレクターです。 

千年投資の公理 ──売られ過ぎの優良企業を買う

千年投資の公理 ──売られ過ぎの優良企業を買う

 

 

 こちらで取り上げた本です。やはりおすすめするだけの名著ということになりますね。モニベルさんご推薦の本が千年投資の公理でした。

www.americakabu.com

 今年読んだ本ではこちらも好きでした。

www.americakabu.com

 2016年に読んだ中ではこちらです。

www.americakabu.com