読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

米国株投資で人生の選択肢を増やすという提案です。某投資顧問のアドバイザーをしています。

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

困難な時代だからこそ、努力の無駄遣いをしない

スポンサーリンク

努力が報われない時代を生きるということ

 

 勉強とは多分に打算的なものです。勉強が特別に好きである人は別です。そういう人の場合は、言葉の意味としては学習になるのでしょうか。

 

 特別に好きではないほとんどの人は学歴であったり、資格であったり、自分の価値を高めるために勉強を行ってきたのではないでしょうか。

 

 しかし、1998年前後の就職氷河期ぐらいから、学歴を手に入れたからと言って、良い仕事につけるわけではない傾向が強まってきました。高度成長期であれば、学歴を手に入れれば殆どイコールで安定した生活を手に入れることができたわけですが、そうもいかなくなってきたのです。

 

 私が開発途上国で仕事をしていた時に、かつて国費留学生だった人と話をしたことがあります。非常に印象に残っている言葉があります。

 

 「私は祖国を代表して日本に留学をしました。一番驚いたのが、日本人は日本人であるだけで国を代表する私よりも、みんなが豊かだったことです。」

 

 どんな職種であっても、どんな学歴であっても、日本人であるというだけで国を代表するほど優秀な国費留学生よりも豊かさを享受できた時代が確かにあったのです。

 

 2003年ごろの話です。そのころに比べるとその開発途上国もかなり一人当たりGDPが伸びましたし、そのころ世界を席巻した日本の家電や車も中韓をはじめとする国々とパイを分け合うようになってきました。

 

 私たちが日本人が日本人であるだけで豊かになれる時代は終焉しつつあるということです。個人の能力が以前よりも平等に人生に作用するようになってきたとも言えるでしょう。

 

 それは、以前のように勉強をがんばって、学歴さえ手に入れれば安定が同時に獲得できるという、分かりやすいモデルが崩壊しつつあることを意味します。

 

無理して大企業に就職する意味は薄れてきている

 

 大学にはかなり入りやすくなっています。1流とされる大学でも、かなりの数の学生を推薦で取るようになっています。反面、就職は非常に難しくなっています。少子化で入り口は広くなりましたが、出口は狭くなっています。

 

 また、社会的に有名で大きな企業ほど、仕事内容は細分化し、煩雑化しています。例えば個人情報の扱いなど以前に比べると雲泥です。こういった煩雑化は枚挙にいとまがありません。

 

 法律や条例は積み上げられるもので、年々細かく、種類も増えるからです。つまり過去よりも現在、現在よりも未来のほうが忙しくなるのが自然な流れということです。日本人の几帳面さが仇となり、多忙化に歯止めがかかることはありません。そして業務手続きやビジネス慣習がガラパゴス化していきます。

 

 また、業界の競争が国内だけでなく国際的になっています。これは労働環境としてはより厳しくなることを意味します。たとえば賃金競争があります。コモディティ化激しい商品だと、周辺国に合わせて賃金を下げざるを得ません。

 

 これらのことから、無理して大学へ行って、無理して大企業に就職する意味というのは薄れてきているように思います。

 

 逆にそれほどの能力があるならば、どのように人生を過ごす選択が他にあるのでしょうか。

 

考えられる生き方モデル

  1. 地域の大学へ進学し、県庁や市役所に就職する
  2. 地域の大学へ進学し、地域のホワイト企業に就職する
  3. 地域の工業高校へ進学し、地域のホワイト企業に就職する

 

 九州、四国、東北、北海道といった地域は慢性的な就職難です。しかし、東京の周辺県である埼玉、千葉、神奈川などはまだまだ求人があります。大阪市、神戸市、京都市の周辺も状況は似ています。

 

 そういう大都市周辺ならばさほど物価が高くなく、地方の良さが享受できます。市営プールやテニスコート、ジム、図書館など行政による福利厚生は納税者としてしっかり享受したいものです。

 

 そうしたところのちょっとした田舎の県庁や市役所はそこそこやりがいもあり、安定しています。もちろん警察や消防も含まれます。

f:id:tapazou:20160904113423p:plain

 これは田舎すぎるかもしれませんけどね。

 また、地域には決してつぶれないと思われるホワイト企業が意外とあります。例えば電力やガスなどのインフラ系の現業職は地域密着で異動が少なく、なおかつ組合もしっかりしています。

 

 高校からそういった将来を見据え、現業狙いの学校を選ぶのも手です。商業高校は文系大学生と就職で競合するのでうまみは少ないですが、工業高校は比較的棲み分けがはっきりしており、就職も強いです。

 

 工業高校トップ層の就職先は素晴らしい地場企業が揃っています。中途半端な私立文系の大学出よりもよほど恵まれていると言って良いでしょう。

 

まとめ

 自分がどのように生きたいのかを描いて、そのために努力を積み上げていくことが以前にも増して大事になっています。それは米国株投資をはじめとする投資行動にも似たところがあります。努力はただすればよいのではなく、最小の努力で最大の効果をあげるという発想が必要です。そうでなければその努力は無駄な努力に帰するでしょう。

 

 困難な時代を生き抜く処世術が求められています。