読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

おどろくほどかんたんな米国株投資で人生の選択肢を増やす!

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

世界の国別石油生産量ランキング100

投資のヒント 投資のヒント-備忘録 社会分析
スポンサーリンク

世界の石油生産量ランキング100、2017年版

 世界の国別石油生産量ランキングです。一日当たりの生産量です。単位はバレル(バーレル、barrel)です。なお、1バレルは、約158.9リットルになります。ロシア、サウジアラビア、アメリカのトップ3が圧倒的であることが分かります。

 また、ペトロチャイナの中国、北海油田を持つイギリス、ノルウェーもランキング上位に位置します。ブラジルはペトロブラスの経営が不安定でしたが、しっかりランクインしています。ぺメックスのメキシコも世界最大級の生産量と言って良いでしょう。

f:id:tapazou:20170216194112p:plain

※画像はエクソン(XOM)のサイトから

 注目はカナダです。オイルサンドの開発により、有力産油国へと変貌を遂げました。国別石油埋蔵量ではベネズエラ、サウジアラビアに続いて3位になっており、実に世界の石油埋蔵量の10パーセントを占めるまでになっています。

順位 国名 (BBL/DAY)
1 ロシア 10,250,000
2 サウジアラビア 10,050,000
3 アメリカ 9,415,000
4 中国 4,278,000
5 イラク 4,054,000
6 カナダ 3,677,000
7 イラン 3,300,000
8 アラブ首長国連邦 2,820,000
9 クウェート 2,562,000
10 ベネズエラ 2,500,000
11 ブラジル 2,437,000
12 ナイジェリア 2,317,000
13 メキシコ 2,302,000
14 アンゴラ 1,842,000
15 カザフスタン 1,653,000
16 ノルウェイ 1,610,000
17 カタール 1,532,000
18 EU 1,411,000
19 アルジェリア 1,370,000
20 コロンビア 1,006,000
21 オマーン 982,000
22 イギリス 893,300
23 アゼルバイジャン 848,500
24 インドネシア 785,900
25 インド 761,000
26 マレーシア 654,200
27 エクアドル 543,100
28 アルゼンチン 532,200
29 エジプト 511,600
30 リビア 404,000
31 ベトナム 333,400
32 オーストラリア 322,300
33 コンゴ共和国 269,000
34 赤道ギニア 250,000
35 タイ 248,200
36 トルクメニスタン 243,100
37 南スーダン 220,000
38 ガボン 213,300
39 スバールバル諸島 194,300
40 デンマーク 156,300
41 チャド 120,000
42 ブルネイ 115,300
43 ガーナ 102,400
44 イタリア 100,200
45 カメルーン 95,960
46 パキスタン 90,210
47 ルーマニア 82,650
48 トリニダードトバゴ 78,630
49 東ティモール 67,150
50 スーダン 64,770
51 ウズベキスタン 60,130
52 ペルー 58,010
53 ボリビア 55,610
54 パプアニューギニア 52,600
55 バーレーン 50,000
56 キューバ 50,000
57 トルコ 48,510
58 ドイツ 48,060
59 イエメン 47,600
60 チュニジア 47,100
61 ニュージーランド 41,280
62 ウクライナ 35,910
63 コートジボアール 33,000
64 シリア 30,000
65 オランダ 27,300
66 ベラルーシ 26,080
67 フィリピン 24,120
68 モンゴル 23,180
69 セルビア 20,330
70 アルバニア 20,160
71 コンゴ民主共和国 20,000
72 ニジェール 20,000
73 ポーランド 18,420
74 スリナム 17,000
75 フランス 16,670
76 オーストリア 16,500
77 ミャンマー 15,000
78 クロアチア 12,420
79 ハンガリー 12,000
80 グァテマラ 10,040
81 チリ 6,260
82 モーリタニア 5,247
83 スペイン 4,652
84 日本 4,247
85 バングラデシュ 4,000
86 南アフリカ 3,000
87 チェコ 2,836
88 リトアニア 2,000
89 ベリーズ 2,000
90 ギリシア 1,077
91 キルギス 1,000
92 ブルガリア 1,000
93 バルバドス 1,000
94 ジョージア 800
95 イスラエル 390
96 スロバキア 200
97 台湾 196
98 タジキスタン 182
99 モロッコ 160
100 ヨルダン 22

Welcome to the CIA Web Site — Central Intelligence Agency

※データソースはCIAです。2015年のデータをベースにしています。

 

石油輸出国機構(OPEC)は以前ほどの力を持たない

 価格決定力という意味において、OPECは以前ほどの力を持っていません。これは、ランキングを見ても分かるように、以前より中東以外の地域の産油量が多くなったということに尽きます。

 

 例えば、ロシア、中国、アメリカ、カナダといった国は生産量においてトップ10に入りますが、OPECには入っていません。寡占的な市場支配で絶大な価格決定力を誇ったOPECですが、有力産油国との協調減産が無ければ効果的な政策が打てないことになります。

 

 価格決定力はセブンシスターズからOPECへ、そして地域分散の時代を迎えていると言えます。

 

 そのため2017年に入り約100万バレルの減産合意をしたOPECですが、ロシアやメキシコなどの産油国の減産も価格安定に大きな役割を果たしています。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国の顔ぶれ

 サウジアラビア、イラク、イラン、アラブ首長国連邦、クウェート、ベネズエラ、アンゴラ、ナイジェリア、アルジェリア、カタール、リビア、エクアドル、ガボン、の13カ国が加盟国です。

 

 石油生産量ランキングでもサウジ、イラク、イラン、アラブ首長国連邦、クウェートは圧倒的です。

 

 OPEC加盟国で、ベネズエラ(南米)、アンゴラ(アフリカ)、ナイジェリア(アフリカ)、アルジェリア(アフリカ)、リビア(アフリカ)、エクアドル(南米)、ガボン(アフリカ)はそれぞれ中東外に位置します。

注目される協調減産、価格調整

 シェールオイルの登場で原油価格が崩れました。原油価格の安値安定は同時に原油依存の大きい国の財政を直撃します。それを考えると今後も協調減産、価格安定の試みは続くでしょう。

 

 しかし、様々な思惑を超えて個性の強い産油国各国の足並みがそろうのかどうか、注目されます。

 

関連記事です。

 セブシスターズの流れを組むBPです。

www.americakabu.com

 石油開発業界の雄です。

www.americakabu.com

 民間石油会社最大のエクソンです。スタンダード石油の嫡流です。

www.americakabu.com