読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぱぞうの米国株投資

おどろくほどかんたんな米国株投資で人生の選択肢を増やす!

Tapa's U.S. Stocks Investment

In the middle of difficulty lies opportunity
よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

follow us in feedly

ドル建て投資の3つのメリット

投資のヒント 投資のヒント-米国株
スポンサーリンク

米国株投資で国際分散投資脳に変える

 日本にいると、どのような場面でも自国通貨である円を使います。価値が安定しており、十分に流通しているからです。しかし、これは世界、特に途上国まで入れて見るとマイノリティです。自国通貨に絶大な信頼がある恵まれた国、それが日本なのです。

 

 インフレの強い国では自国通貨と並行して米ドルが流通しています。むしろ、米ドル払いのほうが歓迎されたりします。自国通貨をキャッシュで持っていればインフレ分で自然に価値が減っていくことをみんな知っているからです。

 

 その安定した円も、ほんの70年前に価値が大暴落した歴史があります。戦後すぐの話です。だからと言って今の円の信用が急に揺らぐわけではありません。しかし、未来永劫安定した価値を持ち続ける通貨はまれだということは、知っておきたい歴史の事実です。

ドル建て投資の3つのメリット

 私は円をドル転したら、ドルのまま持ち続けるのがよいと考えます。米国株投資で得たインカムゲイン、キャピタルゲインもそのままドルで持ち続けることが良いでしょう。

f:id:tapazou:20160724133359p:plain

  1. 通貨の分散は為替リスクの分散になる
  2. 強制貯蓄効果がある
  3. 米国市場の豊かな金融商品、有望な株式に再投資できる

 

 理由は以上の3つです。

 

 1つ目はリスク分散です。円の価値はすぐに揺らぐものではありませんが、1000兆円を超える国債を抱える財政は不安要素です。ヘリコプターマネーや国債永久債化などの案があります。これらに共通するのは大なり小なりのインフレ、円の減価です。

 

 インフレになると通貨の価値は下落しますから、程度にもよりますが円も毀損することでしょう。ちなみに米ドルは年率だいたい2%インフレであると言われています。通貨は株式投資と同様に1点集中で持つべきものではなく、分散させて持つべきものと考えます。

 

 EUがもう少し安定していればユーロも視野に入れてよいと思いますが、ブレグジットや収まらないテロを見ていると投資するには躊躇します。人民元も魅力はありますが、法治国家と言うには権力構造が独裁的すぎます。豪ドル、カナダドル、ニュージーランドドルなど先進国通貨も魅力ですが、株式投資に使える通貨と考えると投資先が限られます。

 

 以上の理由から、円とドルを運用のための二大通貨として所持しておくのは理に適っていると考えます。

 

 2つ目は強制貯蓄効果です。いったんドルにしてしまえば、円に戻すときにまた換金の手間と為替相場のリスクがでてきます。ドルにしたままドルで運用すると考えれば、それらは無縁です。

 

 また、国内ではドルは限定的な流通のため日常の消費に使うことが無くなります。追加投資分も含めて、そのまま証券口座に貯金されていくことになります。

 

 3つ目はドル建て金融商品を購入できるからです。NYSEと東証の差、米系運用会社と日系運用会社の差は小さくなりつつありますが、無くなることは無いでしょう。現代資本主義のルール作りがアメリカを中心に行われる限り、優れた金融商品は常にアメリカから生み出されることは間違いありません。

 

 自社株買いが活発で株主の利益が最大に尊重される国の金融商品こそが私たち個人投資家に最大の利益をもたらすという真理は覇権国が入れ替わらない限り不変だと言えます。

 

関連記事です。

www.americakabu.com

関連書籍です

www.americakabu.com